東京大学2年生で追分国際学生宿舎への入居を考えている人のために、追分国際学生宿舎について詳細に記します!


東京大学3年生(現在)のかっしーにです。

今回は、追分国際学生宿舎への入居を考えている人に向けて書きます。

追分国際学生宿舎は、追分インターナショナルハウスの中にあります。というのも、追分インターナショナルハウスは、追分国際学生宿舎(東京大学学部生・院生が住む)と追分インターナショナルロッジ(東京大学外国人研究者が住む)からなっているのです。

住所として、正式には「追分インターナショナルハウス」が使われます。

追分国際学生宿舎(以下、追分寮)は東大本郷キャンパスの近くにあります。本郷キャンパスの正門からだと自転車で7分、徒歩15分ほど(信号も考慮して)。本郷キャンパスの北にある弥生キャンパス(農学部)からなら、自転車で3分、徒歩8分ぐらいです。
三鷹寮から引っ越してきた人にとっては神的な立地です。
本郷通りに面していて、近くには「まいばすけっと」(イオン系列の小さい食料品店)があり、食料の調達にも困りません。

家賃は38500円+個別契約(電気、ガス、水道、ネットなど)です。
ただ、生活が困窮していると見なされた人に関しては家賃が20000円+個別契約になります。

文京区でこの家賃は破格という他ないですが、入居するのはかなり難しいです。親の年収がかなり低くないと入れないです。少なくとも、700万、800万あったら無理だと思います。
私の場合、親の都合で偶然自主退職していたので、年収が低くなり、入居できました。

追分インターナショナルハウスは14階建で、本郷通りに面した東側が追分国際学生宿舎です。これは、2階から14階まで居室があります。
途中の何階かは女性専用の階となっており、男性は入れません。(規則上入れないだけではなく、実際に入れない仕組みになっています。)
本郷通りに面していない西側は追分インターナショナルロッジで、これは、1階から6階まで居室があります。

追分寮の各階にはランドリールームと、ラウンジがあります。
ランドリールームには、1回150円の洗濯機2台(?)と100円で40分の乾燥機が2台(?)あります。
ラウンジには、キッチン、机、椅子、テレビ、Wifi環境などがあり、外部の人を呼ぶこともできます。

また、6階にはコミュニティルーム的なものがあり、イベントに使われます。申請すれば普段も使えます。

追分寮の居室は、屋内13㎡+バルコニーです。部屋に付いているものとして、ユニットバス(浴槽、シャワー、トイレ、洗面台)、IHコンロ、エアコン、クローゼット、机、椅子、ベッド(布団は別売)などがあります。
一人暮らしに必要なものが基本レベルで揃っている訳ですが、三鷹寮と比べて素晴らしい設備です。


「東京大学2年生で追分国際学生宿舎への入居を考えている人のために、追分国際学生宿舎について詳細に記します!」への8件のフィードバック

  1. かっしーなさんに非公開の質問をしたいのですが、できますか?
    (私の個人的な話を含む質問のため。)

    1. 返信遅くなり申し訳ありません。
      h.rubugeru[at]gmail.comまで直接送っていただければ答えられる範囲でお答えします。

    1. そうですね…。ある時、全寮生に対して、事務室から「外部の人を宿泊させている人がいるようです。宿泊させた場合には、退寮等の措置を取とらせてもらうことがあります」という注意喚起が来たので、おそらくいますね…。

  2. 50cm×50cm×100cm程度のサイズの冷蔵庫を置くスペースは室内にございますでしょうか…??
    また、入居者の方は調理家電・器具などはラウンジのものを使用されることが多いのでしょうか??

    1. 十分なスペースがある訳ではありませんが、置こうと思えば置けます(私も置いています)。
      居室レイアウトはこちらに載っていますので、参考までに。

      電子レンジくらいならラウンジのものだけで済ませている人もいるとは思いますが、調理家電・器具は買っておいて自室で調理する人が大半だと思います。

  3. 追分国際学生宿舎の情報ありがとうございます。

    設備的を考えると、一人暮らしのための最低限のもの (三鷹寮と比べたらそれ以上…) が揃っていると思っています。
    一方、実際に生活をする場面を考えると、メリットやデメリットがあまり掴めていません。
    そこで、宿舎生活をする中で何か不便やデメリットを感じたことについてぜひお聞きしたいです。
    個人的には、上でもご質問あった「宿泊」と少し関連したところで、騒音などが気になります…。

    また、実際に「国際」的ですか。海外の方なども結構いらっしゃるんでしょうか。

    1. 個人的には特に大きなデメリットは感じていませんが、騒音については、人によっては気になるかも知れません。
      宿舎が本郷通りに面しているため、夜も車通りが多く、緊急車両のサイレン音が聞こえることもしばしばあります。
      隣の部屋からの物音はあまり気になりません(三鷹寮よりひどいということはないと思います)。

      また、宿舎内は「国際」的だと思います。
      同一建物内の追分インターナショナルロッジに住んでいるのは外国人研究者だけですし、追分国際学生宿舎も留学生の割合は高く、3割程度が留学生のイメージです。パーティーや普段のラウンジで絡もうと思えば絡めますし、逆に絡まないでおこうと思えば全く絡まずに過ごすこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)