月別:2018年1月

1/2ページ

東大 航空宇宙工学科3Aの時間割

  • 2018.01.09

今回は、航空宇宙工学科3Aセメスターの時間割を紹介します。 システムコースの3A1ターム・3A2タームの時間割はこちらです。 私はシステムコースですので、システムコースの授業(2017年度)のみコメントしていきます。 航空宇宙自動制御第二…航空宇宙自動制御第一の続きで現代制御を扱います。多変数の制御、状態フィードバック制御、オブザーバなどを扱います。出席なし、試験持ち込み不可です。 宇宙軌道力学… […]

東大航空宇宙工学科 3Sの時間割

  • 2018.01.08

今回は、3Sセメスターの時間割を紹介したいと思います!     以下、2017年度のコメントです。   航空宇宙自動制御第一…古典制御の授業です。出席もなく、授業内容のプリントもネットに上がっているので、やろうと思えば一人で勉強できます。試験は持ち込み不可です。 ジェットエンジン…その名の通り、ジェットエンジンの授業です。ジェットエンジン内のコンプレッサーやタービンの […]

水平尾翼(Horizontal Stabilizer/Tailplane)

  • 2018.01.08

水平尾翼(水平尾翼、Horizontal Stabilizer/Tailplane)とは、飛行機の後方にある尾翼のうち、地面と水平方向に取り付けられているものです。 水平尾翼があることにより、機体のピッチ(Pitch、機首の上げ下げ)が安定し、コントロールすることが可能になります。    

パイロン(Strut/Pylon)

  • 2018.01.07

    パイロン(Strut/Pylon)とは、エンジン部分と主翼を繋ぐものです。 パイロンによってエンジンで生み出された推力を機体に伝えることができます。  

東大航空宇宙工学科2Aの時間割

  • 2018.01.07

  東京大学航空宇宙工学科を目指している人にとって、「学科の時間割はどうなっているのか?」というのは気になるところだと思います。 しかし、ネット上を探しても時間割が載っているのは、航空宇宙工学科・航空宇宙工学専攻のHPくらいで、その時間割も何年も前のものです。 何年も前のものを見せられても本当に今もこの時間割なのか?と疑問に思いますよね。(実際、時間割は変わっています。) そこで、(ほぼ […]

ナセル(Nacelle)

  • 2018.01.06

  ナセル(Nacelle)とは、ジェットエンジンを覆うように付けられる円筒状のものです。 ナセルには、エンジンの騒音を遮断する役割があります。

ISSから記者会見を行った金井宣茂さん

  • 2018.01.06

国際宇宙ステーションで長期滞在中の日本人宇宙飛行士、金井宣茂さんが、日本時間の5日、初めて宇宙からの記者会見に臨み、「無重力の生活にもすぐに慣れて、人間の適応力というのはすごいと感じる」と話しました。 金井さんは滞在開始から3週間たった今の体調について、「幸い体質が合ったのか、ほとんど気持ち悪くなることもなかった。初めての無重力で最初は非常にびっくりしましたが、5分もすると慣れてしまって、人間の適 […]

ウィングレット(Winglet)

  • 2018.01.05

    ウィングレット(Winglet)とは, 主翼の先端についている上に反りあがった部分です. このウィングレットは, 飛行機の翼端の空気抵抗を小さくするという役割があります. 飛行機の主翼には揚力が働いています. この揚力は主翼の上面と下面で圧力(静圧)が異なることによって生じています. つまり, 下面の方が圧力が高いから上向きに力が生じるわけですね. これは主翼のどの位置 […]

尾翼(Empennage)

  • 2018.01.05

    尾翼(びよく, Empennage)とは, 飛行機後方についている翼のことです. 多くの場合垂直尾翼と水平尾翼からなります. この尾翼のおかげで飛行機の機首は飛行機の進行方向を向き続けることができます. 垂直尾翼は風見安定, 水平尾翼は迎角静安定に寄与しています. また, 垂直尾翼についている方向舵(Rudder)を動かすことで飛行機の機首を左右に向けることができ, 水 […]

垂直尾翼(Vertical Stabilizer/Fin)

  • 2018.01.05

    垂直尾翼(すいちょくびよく, Vertical Stabilizer/Fin)とは, 飛行機の後方に地面に対して垂直方向に付いているものです. この垂直尾翼には, 飛行機の機首を機体の進行方向に向けるという働きがあります. 進行方向に対して, 機首が少し左にずれていた場合には, 機首をみぎに向けて進行方向に一致させるという働きですね. このように機首を進行方向に向けるよ […]